コンタクトレンズの使用における乾燥予防の心得

コンタクトレンズは視力矯正用の器具の一種で、瞳に直接装着することで視力を向上させる効果があります。
眼鏡と異なり外見上の変化が無いので、見た目の印象が変わらないのが特徴です。
そのため、ファッションに気を配る人に多用される傾向があります。
また、眼鏡のように鼻や耳に加重されることがないので、装着しても顔に負担がかからないメリットがあります。
その一方でコンタクトレンズは用途の性質上、常に良好な状態に保つ必要がある点を注意します。
レンズに汚れや傷が付いていると視界が悪くなるだけではなく、瞳に悪影響が及ぶことがあります。
また、長時間の装着は瞳が乾燥する原因なので、こまめに取り外したり目薬を使用するなどの対処が不可欠です。
瞳の乾燥は様々な眼病に繋がるので健康状態に気を配り、レンズに異常が確認された場合はすぐに使用を中止したうえで医療機関で検査を受けるように心がけます。
コンタクトレンズも新品に交換して、汚れや傷が付かないように丁寧に扱うことが瞳の乾燥を防ぐための心得です。

コンタクトレンズのメリットと乾燥を予防するための心得

コンタクトレンズは瞳に直接装着することで視力を向上させる矯正器具です。
使用の際は眼科医の処方箋が必要ですが、眼鏡と比べて表情が変化しないことや鼻や耳に負担がかからないメリットがあります。
また、コンタクトレンズは配色やデザインが豊富なので視力矯正以外にもファッションアイテムとして用いられるケースが増加しています。
手軽に使用できる一方で、長時間の装着は瞳が乾燥する原因になるので注意が必要です。
瞳が乾燥すると傷が付きやすくなる他、眼病を患うリスクが増大してしまいます。
また、レンズに汚れや傷が付着しやすくなる原因にもなるので体調管理に気を配るだけではなく、場合によってはレンズの使用を中止して速やかに眼科医の治療を受けることが大切です。
瞳の潤いを保ち、乾燥させないように状態を良好に保つことがコンタクトレンズを長く愛用するための心得になります。
定期的に健診を受け、視力に適した度数のレンズを使用することも瞳の健康を守るための条件です。

check

最終更新日:2016/6/24



Copyright (C) 2015「コンタクトで華やかデビュー」All rights reserved.