コンタクトレンズの乗り換えとは

コンタクトレンズの需要があるのは、以前からのことでありますが、最近になっての話題の盛り上がりには、目を見張るものがあるとされています。
元来、コンタクトレンズの役割といえば、視力を矯正するなどして、人々の生活を助けるというものでありました。
しかしながら、昨今におきましては、カラコンと呼ばれる、ファッション性やデザイン性を意識したアイテムの登場により、そのあり方に変化があらわれてきている実態があります。
駅前や繁華街などにおいては、多くの販促活動が行われており、チラシの配布などをする人を多く見かけるようになってきました。
そんな中において、コンタクトレンズを乗り換えるといった話題も取り沙汰されるようになってきました。
具体的には、メガネを着用して、印象を変えるなどがあげられます。
また、その逆もあります。
メガネにおいても、今般では、テレビなどで活躍するタレントやプロスポーツ選手の影響などにより、バラエティに富んだものが人気を集めています。

コンタクトレンズを乗り換えるときに気をつけたいこと

使い捨てコンタクトレンズはけっこうランニングコストがかかります。
特にワンデータイプのコンタクトレンズはレンズの手入れがいらない代わりに、費用がかかりますので、コストを下げるために乗り換えることも必要です。
乗り換えをするときにチェックする項目はベースカーブです。
BCで表示されている数字のことで、数字が大きいほどレンズのカーブがゆるくなっています。
使い捨てのコンタクトレンズはレンズ自体が柔らかいのでBCの数字が少し違っても目に合わないということはありませんが、レンズを選ぶさいには今使っているものに近いベースカーブを選ぶことをおすすめします。
コストより目の健康にいいレンズを探しているなら、酸素透過率の高いレンズを選ぶことをおすすめします。
酸素透過率とはレンズがどのくらい酸素を通すことができるかを数値化したもので、酸素透過率が高いほど目が疲れにくくなります。
酸素透過率が高いレンズにはハードコンタクトやシリコーンハイドロゲルでできたレンズなどがあります。



Copyright (C) 2015「コンタクトで華やかデビュー」All rights reserved.